蓮塾 元気日記

蓮塾ウィンタースクール

2018年1月11日

2学期の締めくくりとして、12月26日~27日に兵庫県美方郡へ行き1泊2日の蓮塾ウィンタースクールに行ってきました。

今年はウィンタースクール前のクリスマス寒波の影響でたくさん雪があるということで、出発の前から楽しみにしてくれていた蓮塾生(^○^)

移動中のバスの車内では元気に歌ったりしながら過ごしました。宿泊場所の「とちのき村」に近づくにつれ雪深くなる冬景色に子どもたちも心を躍らせている様子。

そして・・・バスから降りるとそこは都会とは別世界!雪景色に冷たい空気!さあ、ウィンタースクールのスタートです。

 

まずは昼食をとり、その後は開校式をしました。仏参で安全に雪遊びができるようにみんなで御仏様にお願いしました。この後は待ちに待った雪遊びです!

 

 

「雪だるま作り」「雪合戦」、雪上での「宝物探し」や「プチ探検」を楽しみました。遊んでいる最中にもたくさんの雪が降り、少し吹雪く時もありましたが、それでも子どもたちは元気いっぱいに雪を楽しんでくれました。

 

 

お風呂に入った後は夕食の時間です。たくさん雪遊びをして子どもたちはお腹もぺこぺこです。1泊2日の食事も但馬牛や鹿肉などをつかった「とちのき村」ならではのおいしい食事を楽しむことができました。

 

夕食後は「夜の集い」をしました。夜の集いでは村木先生から「天体の話」を聞きました。この1泊2日は残念ながら天候の影響で実際に星空を見ることは出来ませんでしたが、「とちのき村」周辺では天気が良ければ満点の星空を楽しむことが出来ます。

天体の話では月にまつわる話など興味津々に聞く子どもたち。天体○×クイズでは班で相談しながら楽しんでくれていました。

 

その後、みんなで就寝準備をして、明日に備えてゆっくり休みました。ウィンタースクール1日目、楽しく安全に過ごすことが出来ました。

 

 

2日目は朝食を食べた後、まずはクラフト作りを楽しみました。みんなでバードコールを作りました。

 

 

 

その後は2回目の雪遊びです!雪上にダイブをして体全体で雪を楽しみました。雪国ならではの楽しさを感じてもらい、それだけではなく雪遊びを通して自然の雄大さを感じてもらえたかと思います。

2日間、寝食を共にし、友だちとの「絆」がより強まったウィンタースクールとなったのではないでしょうか。

3学期も、蓮塾生と共にたくさんの経験を積み重ねたいと思います。

ページトップへ