<対訳>パドマ英語クラス      ことばを感じ、自分のものにするために

教わるのではなく、五感を通じて学ぶ。それがパドマ幼稚園の英語教育です。多くの子どもたちにとって初めて接する母国語以外の言語。自然に、そして楽しく新しい言語と出会うことが、その後のことばに対する感性を磨いていきます。

言語を学ぶには「動きとリズム」が大切な役割を果たします。動きとリズムを中心とする身体感覚は日課活動でもとくにたいせつにしているものです。英語クラスと日課活動は、ハーモニーを奏でるように、それぞれの効果を高め合うものです。また、日課活動の動き・言葉・リズムを身体で覚えている子どもたちが、英語のクラスでも、さまざまな音や身体を使った表現を楽しみながら、効果的にことばを体験できるように考えられています。

レッスンを担当するのはネイティブの講師です。子どもたちは文化や表現の仕方などさまざまな違いを自然に受け入れながら、グローバルマインドを育んでいきます。


パドマの英語教育をご紹介します

言語の体験は、まず英語の「音」に浸るプロセスから始まります。クラスがみな一緒に同じ目的を共有しながら、個々としても学びの内容が共有できるようにさまざまな工夫がなされています。音楽が効果的に導入され、子どもたちは心地よいリズムとテンポで詩歌を唱和します。経験を共有することが最初のステップです。

次のステップでは、具体的なものを表現するために言葉や文章を使います。英語は体感覚、聴覚、視覚を通して自然に口を通して発語できるようになっていきます。

3番目のステップでは、英語を使って抽象的な概念や自分が感じていることを表現します。頭の中でことばと体験を結びつけていく過程を経て、英語は自分の感覚の一部となり、自然に表現出来るようになっていきます。

ステップ1:英語の発音とリズムを学ぶ

  1. 英語のリズムを、歌と絵本の読み語りで体感します。
  2. 本の中に出てくる会話を再現し、文中の表現を使って会話します。文脈の中で、発音、リズム、イントネーションの大切さを認識していきます。
  3. 英語のリズムと流れの中で、自分の感覚や思いを自然に英語で表わしてみます。

ステップ2:語彙を増やす

  1. カードあそびを使ってさまざまなことばに触れていきます。
  2. 歌や指遊びを使って、さまざまな状況の中でことばを想像していきます。
  3. 体得したことばをさまざまなゲームや活動の中で定実際に使ってみます。(例)動物あてっこゲーム、クイズ等

ステップ3:コミュニケーションスキルを培う

  1. 講師からの質問に対して「それは、ここにあります」と答えるなど、短いことばでのやり取りを体験します。
  2. 知っていることばを織り交ぜて、講師とのやり取りが英語で自然にかわせる時が増えていきます。
  3. 単文にはじまり、最終的には前置詞などの機能語も用いて、自分の感じたことが口から自然と生まれてきます。

Padoma English Class : In order to own the English experience

In accordance with its philosophy of ‘Integrated Early Childhood Education(so called Soyouken)’ English is not taught, but rather experienced in Padoma Kindergarten. For children, it is often their first encounter with the second language. How it is introduced will greatly influence their flexibility and motivation toward languages when they get older.

Rhythm and kinesthetic experience play an important role in absorbing a language. It is especially so in this kindergarten, because they are reinforced in many of the children's everyday activities. Classes are constructed and organized so that students can experience the language most efficiently, enjoying a variety of sound and bodily expressions.

The lessons are taught by a native speaker raised in an English speaking culture. Children cultivate a global mind by naturally learning to accept various differences.

PADOMA METHOD

Language is first acquired through a process of immersion in the language. Various efforts are made so that everyone is reaching towards the same goal both individually and as a group. Music is effectively incorporated and children listen and chant at a tempo and rhythm comfortable for them. Sharing the experience is just the first step.

Using the language is the second step. Words and short sentences are used to express something tangible. English becomes a part of their lives through their kinesthetic, auditory and visual experiences.

As a third step, English is applied to express their experience. Words and longer sentences are used to describe more abstract ideas and inner feelings. By using their mind and connecting it to their experience, they come to own the language.

Acquiring the English pronunciation and its rhythm.

  1. The rhythm of English is first experienced through songs and reading activities.
  2. Students act out the conversation from a book or song, and realize the importance of pronunciation, rhythm, and intonation in the context.
  3. In a natural flow and rhythm of English, students describe their own feelings and thoughts.

Vocabulary building

  1. Names of nouns are introduced initially through picture cards.
  2. In songs and finger plays, students visualize and imagine the words in different contexts from the picture cards.
  3. Students play various games so that language settles more clearly in their minds.
    Examples: charades games, quizzes

Cultivating communication skills

  1. Students practice simple phrases such as "it's here" in response to the teacher’s questions.
  2. After showing picture cards, students integrate the words into their conversation with the teacher.
  3. Students express their ideas making use of the words and phrases while applying functional language acquired in class.

学校法人蓮光学園 パドマ幼稚園 大阪市天王寺区下寺町1-1-30
TEL : 06-6772-1721 FAX : 06-6773-6643 E-mail : info@padoma.ne.jp