ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

教育の理念

教育の理念

1.たいせつなこころを育む「仏教教育」

たいせつなこころを育む「仏教教育」

パドマ幼稚園は、大阪市立高津小学校や府立天王寺高等学校発祥の地、浄土宗大蓮寺が経営する仏教幼稚園です。「パドマ」とは、仏教のことばで「赤い蓮の華」の意。こころゆたかな、いきいき、元気な仏の子の育ちに奉仕することが、開園以来の変わらぬ願いです。

仏教教育の精神とは、慈悲と智慧、すなわち、かしこく、やさしく、たくましく、すべてに輝く仏の子を育てること。まさしく、子どもの全人格的な発達を願う「人間教育」を目指しています。

どの子も、生まれながらにして仏性(仏なる可能性)が備わっています。いま幼児期に仏性を育めば、その子の人格が立派に育ちます。けっして一宗一派に偏ることなく、しかし日常の幼稚園生活の底流には、しっかりとこの仏教精神が貫かれています。すべての保育室に仏壇を安置、朝のお勤めや般若心経の奉読、また本堂参詣や仏式の式典などセレモニーをはじめ、仏教教育の活動が数多く取り入れられています。

正しい人間に育つ願いを、仏さまとともに。当園の仏教教育にご理解とご協力をお願いします。

2.子どものいのちを育む「総合幼児教育」

子どものいのちを育む「総合幼児教育」

本当の仏教教育を長い間、模索するなかで、「総合幼児教育」にたどりつきました。

根がしっかりしていれば、雨風にも負けないたくましい木が育ちます。同じように人間の教育も、幼児期はりっぱな根を培う最適期。いま無限の可能性にあふれる幼児であればこそ、人間としてだいじな人格--感覚、意欲、心情、態度など--の土台をつくる、貴重な時を育んでいきたいものです。

幼児はだれもが天才です。いつもたくましい好奇心と運動意欲にあふれています。このすばらしい発達期、ゆたかな環境とのぞましい経験を積み重ねることが、子どものこれからの育ちを保証します。あたまとからだ、そして、すなおな人間らしい感動のこころを育むことが、パドマ幼稚園の総合幼児教育の願いです。

3.子どもとともに育つ「親子共育」を提唱

子どもとともに育つ「親子共育」を提唱

子どものゆたかな育ちの上で、もっともたいせつなのは、ご家族、とりわけご両親の幼児とのかかわりです。パドマ幼稚園では、早くから「親子共に育つ」を教育理念のひとつとし、園と家庭の連携を密にしながら、親子共育を進めてきました。

幼児は環境の子。まわりの環境によきにつけ悪しきにつけ順応していくのが、幼児の育ちの道すじです。まわりの大人、それも生活をともにするお父さんやお母さんのかかわりやはたらきかけが、子どもの将来を左右するたいせつな鍵となります。

でも、けっしてむずかしく考えることはありません。自然な生活環境をたださりげなく、淡々とくりかえす。そのなかで、親子ならではの絆=信頼関係が育っていきます。パドマ幼稚園では、幼稚園での活動をふまえた家庭教育の教材や資料を多数提供しています。

ページの終端です。ページの先頭に戻る