ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

親の会話が子どもの読解力を育てる。PISA=国際学力調査の結果から。

秋田光彦園長が、幼児教育の視点からつづります。(プロフィールを見る

欠落感を自覚する。保育参観終わる。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年02月25日
  今日は今年度最後の保育参観、大勢のお父さん、お母さんに見つめられ、子どもたちにとっても最高の晴れ舞台となりました。年長児にとっては卒業前の最後の参観日。保育のあと、担任から感謝の言葉を申し上げたところ、参観のみなさんからたくさんの拍手をいただきました。どれほど大きな励ましになったことでしょう。    もうすぐ卒業式、私たちも胸を張って子どもたちを送り出しますが、ここでひとつ大切にしておきたいことがあります。それは「子どもの成長に私たちは本当に万全であったのだろうか、十分でなかったのではないか」という欠落感です。意外かもしれません。何かを成し遂げるはずであったのに、100%満たされていない、どこか欠いたものがある。後悔とか未練とは違う。寂しさに近い感情です。    そもそも教育に百点満点があるのでしょうか。とくに幼少期の教育において、完璧な子どもの育ちなどがあるのか。完全な教育などあるのか。私にはそういったことを口にすること自体傲慢であり畏れ多いような気がします。  良心的な教師であれば、進級・卒業を控えたこの時期に感じる、ある種の欠落感、「ああもしてやりたかった、こうもできたはず」という不完全感は、むしろ教師のこれからにとって大切なもののように思います。どうにも取り返しのつかない時間の経過と、それでも子どもは次の学年へ、学校へと進んでいく現実の狭間で、教師は自分の至らなさ、不完全さを自覚するのではないでしょうか。とりわけ点数とか偏差値とかで「成果化」されにくい幼小教育だからこそ、「できなかったこと」の本質がよく見えるのかもしれない、と思います。    欠落したものを埋め合わせようと、教師は努力する。もっといい保育をしよう、もっといいかかわりに努めよう。それが、教師にとって絶対必要な課題意識であり、自己改善への道です。それを、次の学年へ、次の子どもたちへとつなぎながら、先生は年々に成熟していくのだと思います。  完璧と奢らずに、欠落感を自覚する。私がいつも教師たちに贈る言葉です。      
執筆:ウェブ管理者

息と行動。ルソーの名言から。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年01月27日
  今週半ばから、玄関の聖句が代わりました。 「生きるとは息をすることではない。行動することだ」 18世紀の思想家ルソーの言葉です。絶対君主制の社会から、人民主義の社会へと、近代はここから出発するのですが、この言葉を幼児教育に置き換えて考えてみたいと思います。 人は、まず動物として生まれてきます。他のほ乳類に比べ、人の脳は未発達な状態で生まれ、逆にいえば誕生後の発達はその後のどんな教育を授かるか、それ如何にかかっています。育児放棄された子どもが、生きる力を失い、最悪の場合短命に終るのは、教育の不在という理由に尽きるでしょう。 教育は学校の中にだけにあるのではありません。両親から,家族から、地域から、たっぷりと愛情とかかわりを授かって、子どもは次第に「息をする」存在から「行動する」存在へと成熟していきます。意志を持ち、主体を育んでいくのです。 むろん行動すれば何でもいいのではありません。善悪や正邪、安全と危険、愛情と憎悪とあるように、人間の行動には絶えず裏腹なものを伴います。幼少期はその大事な土台をつくる時期だからこそ、行動を,言い換えれば子どもが生きようとする欲求を、どう正しい方向へ導くのか、秩序や規範を示していくのか、そこに専門職としての教師の関与が必要となります。  幼児教育もさまざまです。子どものやりたい放題に任せる教育もあれば、特定の能力開発に押し込める教育もあります。ひょっとして大人の都合で、子どもの行動の広がりを狭めてはいないでしょうか。 本当にその子がありたい状態へ、行動を導くには、まずゆたかな環境を惜しみなく与えること。あとは子どもそれぞれの内部から熟成していくものを、じっくり待つという姿勢が肝要でしょう。導く、とは正しい方向へ引き出すことであって、けっして強制することではありません。そこには、子どもと大人の深い信頼や共感がなくては成り立たないのです。 もうひとつ付け加えると、「息をすること」を軽んじてはいけません。脳幹の生存機能こそ、生きることの根本。大きな息ができるから、呼ぶこと、歌うことができます。行動は「深い息」に裏付けられていることも忘れてはならないと思います。  ルソーの名言は、こんなふうに現代の私たちにも大きな叡智を授けてくれているのです。   
執筆:ウェブ管理者

幼児教育と一汁一菜。変らぬ基本を育もう。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年01月16日
  少し遅れてしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。暖かなお正月三ヶ日でしたが、一転して寒中の日々が続きます。  今年は、「変化」「転機」「改革」の年…いえ、政治の話ではありません。2020年の教育改革に向けて、周囲の声がかまびすしく聞こえてきます。 もちろんアクティブラーニングや新しい学力観については、私も目を凝らしていきたいのですが、近頃幼児教育の分野でも遅れをとるなと、新奇な趣向が目につくのは気のせいでしょうか。例えば、幼児の英語の重要性は承知していますが、それ以上に日本語が大切なことは言うまでもないでしょう。 くりかえし申し上げてきたことですが、幼児の本分は「勉強」ではなく「あそび」です。生活場面において、さまざまな体験(あそび)を通して、まず人間としての基礎・基盤を形成していきます。日本語の言語感覚を国語の勉強としてではなく、生活体験を通して自分の身体に刻んでいくのです。幼稚園はそのための教育機関であって、世の風潮に便乗したり、ましてや煽動したりするものではありません。幼児教育の眼目は、いつも変らぬ基本を育むことなのです。  料理研究家の土井善晴さんが著書「一汁一菜でよいという提案」でこう述べています。 「和食の真髄は一汁一菜という、高度成長以前の家庭料理の伝統的なスタイルの中にこそある」 「昔はごちそうは特別な日に限られていた。今はプロの料理人たちが、テレビの前で披露する『仕事』が日常の理想と誤解され、混乱している」 「特別と日常のケジメがないから無理が出る。外食が増え、基本無視、季節無視の手抜きに流れ、食の崩壊を招いた。簡単で健康な日常を取り戻そう」 そして、土井さんは「和食を初期化することで、(母親たちが)ストレスにならない持続可能な家庭料理を取り戻せる」とまとめています(読売新聞1月9日付)。  幼児教育と和食を同じにしてはおかしいかもしれませんが、新しいもの、珍しいもの、手が込んだもの、時間をかけたものと、際限なく期待が(欲求が?)広がって、結果基本が置き去りにされているのだとしたら、状況はあまり違わないといえないでしょうか。いずれの場合もそこには、親の意識や考え方が反映されます。 この一年、遠くには教育改革へのまなざしをしっかり向けながら、近くには日々の基本をじっくりと積み上げていく。あそぶこと、食べること、友だちと話したり動いたり歌ったりすること。それが、幼児が生きることの基本に違いありません。 幼児教育もまた一汁一菜。世事に流されず、やるべきことを見定め、堅実に幼児教育の王道を歩んでいきたいものです。今年もよろしくお願いいたします。  
執筆:ウェブ管理者

幼児期における「快の原則」。身体機能を存分に活かす。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2016年12月20日
  「ロコモティブ・シンドローム」をご存知でしょうか。子どもたちの運動器(ロコモ)、体を動かすのに必要な間接や骨、筋肉などが機能不全を起こしている。加齢や運動不足が原因とされ、高齢者に多いとされてきましたが、最近は幼児ら子どもの3人のひとりがロコモの兆候ありといわれています(埼玉県医師会調べ)。幼い体にも「老化現象」が見られるというのです(産経新聞11月27日付)。 体格と運動機能は、比例して発達するわけではありません。現代っ子の身長や体重が向上する一方、体力や運動能力の低下は以前から指摘されています。いえ、早いうちからスポーツに親しみましょう、と言っているわけではありません。日常の動作、例えば「走る」「跳ぶ」「しゃがむ」「中腰」などができないのは、スポーツ以前のことであって、現代の子どもがいかに身体機能を使っていないかを物語っています。 身体を自分の意志で動かす行為は、幼児から児童、青年へと発達するに伴って、高度なものになっていきます。しかし、ロコモの子どもたちは、靴のひもが結べない、鉄棒が握れない、トイレットペーパーがうまく切れない等々、身体を上手にコントロールできにくい。それはスポーツ能力云々ではなく、子どもの生きる力の減退、意欲や気力の低下といったところまで影響が及んでいくのです。  ある心理学者が「機能快」という感覚について述べています。人間は生まれつき備わった機能を存分に使うとき、「快」が生まれるのであって、逆にこの機能を使えないと大きなストレスを感じるといいます。私たちは「歩く」機能を活かすから「走る」のであって、歩くことが気持ちいい、走ることでよろこびを感じる。そこに「快」の原則があります。 そう考えると、どうも現代の子どもの環境には、人間機能以外の「快」に侵されているように思えてなりません。テレビゲームしかりスマホしかり、車に乗せてしまえば親は楽かもしれませんが、子どもが自ら歩くという体験は浅いものにしかならない。少子化の時代はそれがますます加速していきます。何でも効率や利便性が優先される今、私たちが考えるべきことは大きいのではないでしょうか。 入園・進級して9ヶ月、いよいよ今年も歳末を迎えました。毎日の体育ローテーションでは、はつらつと駆ける子どもたちの姿が目にまぶしいほどです。園生活において、子どもがもっとも子どもらしい場面は、存分に身体を動かしている時以外ありません。 跳び箱やトランポリンとどう跳ぶか、という技術の以前に、ただそれが楽しいから、身体が気持ちいいから、仲間とともに打ち込むその姿こそ、機能快の原点を見るのです。 いえ、運動だけではありません。存分に言葉とあそび、存分にリズムとあそんでいる時、すべてが「機能快」であって、そこから人間として生きるよろこび、仲間と協同するよろこびの芽が息吹くのだと思います。 どうぞご家族揃ってよいお年をお迎えください。
執筆:ウェブ管理者

親の会話が子どもの読解力を育てる。PISA=国際学力調査の結果から。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2016年12月13日
  3年ごとに行われているPISA(学習到達度調査)の2015年度の結果が公表されました。簡単にいえば、一時ゆとり教育のためダウンした日本の子どもの学力は復調傾向にあるということ。「科学的応用力」で2位、「数学的応用力」で5位と、前回よりも順位を上げました。世界トップクラスの学力といっても差し支えないでしょう。 PISAは経済開発協力機構(OECD)が行う国際調査で、知識・技術ではなく、思考力、判断力、表現力といった「応用力」をはかることを指標としています。2020年、導入される教育改革も、多分にこのPISA型学力を意識しているのでしょう。 幼児教育にすぐさまPISA型学力が反映されるとは思いませんが、今回気になったのは唯一前回調査を下回った「読解力」の低下です。専門家は「基礎となる語彙の数が不足している」と警鐘を鳴らしています。日本語のボキャブラリーが少なく、教科書の文章が理解できない子どもが多数いるレベルは、かなり危機的でしょう。 その要因として、少子化によって家族内の大人の会話が減ったこと、活字離れで長文を読む機会が減ったことなど挙げられていますが、その問題の根っこはすでに幼児期から発生しています。 ある調査によると、スマホの普及によって家族との会話は3時間半も減ったといいます。家庭の中で、父も母もスマホ漬けという光景は今や珍しくないのではないでしょうか。あるいはネットでしか文章にふれていないので、短文で平易な文章しか読めない。本はおろか新聞さえ読まず、家では専らうわさ話で盛り上がる? それでは、子どもの問題というより親の問題でしょう。 保護者との会話が多いほど、学力は高いという統計もあります。また、家庭で交わされる父母の会話の質と量が子どもの語彙数に反映することも指摘されています。そのためには、まず親が人間としてどんなことに関心を持ち、意識を凝らすかではないかと思います。 語彙数が飛躍的に伸びる幼児期を読解力の原点として、たいせつに過ごしたいものです。 (追加) ちなみに、PISAの高得点国についての本「Cleverland」の著者であるルーシー・クレハン氏は、上位国のほとんどは、遊びをベースにした幼児教育で小学校入学準備をさせ、6、7歳から学校でしっかり高いレベルの読み書きと算数を教えていると述べています(エコノミスト誌)。学力の基盤はやはり幼児教育いうのは、すでに世界水準のようです。  
執筆:ウェブ管理者

全ての記事一覧


ページの終端です。ページの先頭に戻る