ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

欠落感を自覚する。保育参観終わる。

秋田光彦園長が、幼児教育の視点からつづります。(プロフィールを見る

無言社会。ことばの手触りを届けること。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年04月24日
 昔に比べて、いま格段に家族との会話が減っていることをご存知ですか。少子化になると、まず話し相手の家族が減る。さらにスマホが普及して、電話もほとんど使わない。勉強部屋の子どもとの会話をLINEでしています、という人も珍しくありません。現代は「無言社会」なのです。 生後3年間の乳児の語彙を調べたデータがあります。赤ちゃんのそばで家族が、どんな会話をしているか、どれだけの量の言葉を使われているか、それによってすでに3歳の子どもの語彙力に違いがあるそうです。  さて、子どもにどんなことばがけを心がければよいか、そのヒントに、お釈迦さまの教えをお伝えしましょう。 正しいことばがけに対し、自覚的であり、抑制的であること。そういうことばのポイントとして、古い仏典には下記の5つを挙げています。 ①そのことばは、時機がふさわしいか。 ②そのことばは、慈しみに満ちているか。 ③そのことばは、事実であるか。 ④そのことばは、有益であるか。 ⑤そのことばは、柔和であるか。   5つの心得のうち、一番最初が「柔和=やさしいこと」ではなく。「時機=タイミング」を挙げていることも興味深いと思いますが、ともあれ2500年も前から、人類はかくもことばを大切にしてきたわけです。そして、今もなお、この問いかけは達成することがなく、続いている。何と奥深いことでしょう。  幼児の間、私たち大人のことばがけは、意味や情報の伝達だけが目的ではありません。それよりももっと大切なものは、ことばの根底にある私たちの願い、思いがどれほど伝わっているか。それはことばの内容というより、むしろことばの環境、ことばの手触りに現れるのではないでしょうか。 当園のあるベテランの先生が、新年度の抱負としてこんなことを述べてくれました。 「子どもたちの手本となるような、やさしく、ていねいで、正しい日本語の使用を心がけていきたい。職員同士の会話でも、親しさだけでなく、互いに意識していきたい」 これはご家庭でも同じこと。子どもが相手だと、つい親しさが馴れ合いになったり、感情に流されることも少なくありません。子どもだからこそ、やさしくていねいな、正しいことばがけを心がけていきたいものです。 ことばは生き物。今日一日、どんなことばを子どもに届けられましたか。    
執筆:ウェブ管理者

道徳教育を考える。仏教園としてできること。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年04月10日
 来年度から実施の決まった道徳の教科化について、いろいろ話題がもちきりです。教科書検定でパン屋さんが怒った(?)という気持ちもわかりますが、文科省のいう「道徳的項目」というのも微妙な違和感を禁じ得ません。    そうせざるを得ないほど、道徳的状況が退化している現状もわかります。家庭や社会の教育力がここまで低下してしまえば、学校をおいて他にない、という危機感の表れでしょう。しかし、「教える」場である学校で、道徳ほど「教える」ことが難しいものもないのではないでしょうか。  ある識者は、「(道徳は教科にはならない)なぜなら、それは日常の具体的な場面で、その状況に応じた経験のなかで学び取るほかないからである。道徳(モーラル)とは日常の習慣(モーレス)なのである」(佐伯啓思 朝日新聞0408)といい、今日の学校がその状況にないと指摘しています。子どもの習慣の場はまず家庭でこそ育まれるべきだし、日本の先生は細やかな対応ができるほど時間の余裕はないのです。    戦後の教育で、まず否定されたものが宗教教育でした。誤った思想教育は排除されるべきですが、同時に日本人の平均的な宗教的感性も捨て去られてしまいました。これは道徳教育という観点からも大きな損失です。  「おかげさま」に感謝し、「和合」や「利他」を尊ぶような精神は、仏教の教えから(習慣を通して)学び取ってきたものといえます。四季の移り変わりとともに先祖供養を勤め、また地域の隅々まで広がったお寺の子ども会活動も、いまより遥かに大きな影響力をもっていました。  このあたりは歴史的な背景があって深く言及することは難しいのですが、少なくともそういう宗教的感性といったものが、日本人の道徳的態度を根っこから涵養してきたことは無視できないと思うのです。人知を越えたところから見られているという感覚。仏あるいは先祖や死者に対する畏敬の念は、「国家」を思うそれと次元の異なるものと言わなくてはなりません。    幼稚園は最初の学校ですが、小学校の予備校ではありません。勉強より生活習慣だし、個人より集団です。テストや評価はありません。学科という概念もない。それよりもまず他者とともに生きることのよろこびと、そのためのルールを「教わる」のではなく、体験を重ねて(楽しく)習慣化していくところに目的があります。  当園の教室には、それぞれの学年の学期ごとの目標が貼り出されています。年少が「信頼」「協力」、やがて年長の「協働」「自立」というふうに。これを、スローガンではなく、生活の徳目として実践していくのです。 教室には仏壇があり、毎日お勤めを欠かさない。新年度は花まつり行事で始まり、卒業は音楽法要で執り行われている。担任は、子どもたちにどう生きるのか、を語ります。  家庭には希薄にあった宗教的感性が、3年間の園生活を通して、育まれていくのです。    ですからそれは教科書で教えるものではありません。幼児において、道徳とは仏教を生きることであり、それは担任と子どもたちの協同生活を通して、実践されていくものなのです。  
執筆:ウェブ管理者

入園式挙行。幼稚園の子に生まれ変わる。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年04月06日
  幼稚園の新年度は、入園式で始まります。4月4日、平成29年度の真新しい仲間たち135名を迎えて、開催されました。五部咲きの桜をバックに記念写真もにぎやかでした。     幼稚園にはいろんな行事がありますが、とりわけ「入園式」「卒業式」「終業式」といった「儀式」は、いつの時代も人生の節々において「通過儀礼」の機能を持ち合わせました。儀式の前と後では、内面に変化が起きます。結婚式は、一男性が夫に、あるいは妻になり、葬式では、この世と別れ、新たに浄土に生まれ変わることになります。何かが終わって、何かが始まる。その転換点のそれぞれを、人間は「儀式」としてたいせつにしてきたのでした。   先月行われた卒業式はその最たるもので、園児たちは儀式を節目として園を巣立って、小学生になっていきます。間もなく始まる1学期の始業式も、前年度に別れ、新年度に出会う時。年少さんは年中さんに、年中さんは年長さんに、新たに生まれ変わるのです。進学進級とは、そういうものなのです。   では、入園式とは、何から何に生まれ変わるのでしょう。   小さな園児たちは明日から幼稚園に登園しなくてはなりません。そこは知らない世界で、皆知らない人たちばかり。何でも言うことを聞いてくれたお母さんの姿はありません。子どもにとっては、希望より不安の方が大きいことでしょう。 でも、人はいつかは、いまいる場所を卒業していかなくてはならない。いつまでも居心地のいい「家庭の子」ではいられない。それまで、家庭においては小さな王様だった子どもたちも、幼稚園の子、パドマの子、みんなの中のひとりとして新しい生活を始めるのです。     しばらく登園間もない頃は、むずかったり、嫌がる時もあるでしょう。ご両親を手こずらせるかもしれません。でも、それは当然のこと。毎日通園しているうちに、すぐに幼稚園生活の楽しさ、親しみに気づいてくださいます。5月の参観のころは、見違えるほどのわが子の成長に胸打たれることでしょう。 そして、お家に帰れば、また「家庭の子」に戻って、次第に幼稚園の体験を話して下さることでしょう。それでこそ、社会の子。巣から飛び上がった幼鳥のよろこびなのです。   そう、これは、子どもたちに小さな人生にとって、ささやかではあるが、まことに大きな原体験なのです。 (RE)    
執筆:ウェブ管理者

恩を知る旅。年長児の卒業旅行。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年03月13日
 3月9、10日と年長児といっしょに恒例の卒業旅行に行ってきました。 今年は総本山知恩院と大本山百万遍知恩寺を巡る、豪華な参拝コース。知恩院さんでは、重要文化財の大方丈で仏参を勤め、知恩寺では世界一といわれる大念珠で数珠繰りを体験しました。浄土宗のお寺で「知恩」といえば、宗祖法然上人へのご恩をいいますが、子どもたちにとって恩とはなんでしょう。大きな座敷に並んだ年長・卒業生たちに私はこう語りかけることにしています。     「恩」ということばを知っていますか。恩というのは、誰からから授けられた恵み、情け、感謝すべき行いをいいます。   みなさんにもたくさんのご恩がありますね。 まず先生からいただいた恩。1年間、1日も欠くことなくきみたちのために尽くしてくださった先生へのご恩があります。また友だちもそうですね。ともにあそび、ともに励んでこられたのは友だちがいたおかげです。そして、お父さんお母さん。きみのためにご飯をつくりお布団を用意し、病気の時は看病してくださいました。3つのご恩なくして、幼稚園を卒業することはできませんでした。   そして、何よりもみ仏さまへのご恩を忘れてはなりません。いつもあなたのことを見守ってくださり、時に励まし、時に支えてくださったみ仏さまは、あなたの心の成長をいちばんよろこんでくださっています。 今日は、そのご恩をいただいた方々に、おかげで、ぼくたちわたしたち立派に成長しました、と報告とお礼をさせていただく日です。   「恩返し」ということばがあります。いただいたご恩を今度はきみたちがお返しするのですが、それにはまず4月から立派な小学1年生となって、勉強や遊びに元気いっぱい励むことです。たくましい心、やさしい心を忘れないで、いつまでもパドマっ子としていきいきと生きていくことが、最高の恩返しです。そして、いつか大きくなったら、目先の利益のためでなく、人のため、社会のため真心で尽くすことのできる、そんな大人になってください。  もうすぐ卒業です。お別れはさびしいけれど、いくつになってもパドマ幼稚園を忘れないでください。つらいこと、悲しいことがあったら、幼稚園を思い出してください。み仏さまはいつまでもきみたちの心のそばにいてくださいますよ。幼稚園は、きみたちの心の故郷です。さぁ、胸を張って、み仏さまにご挨拶しましょう。 み仏さま、ありがとうございました。  (R)      
執筆:ウェブ管理者

欠落感を自覚する。保育参観終わる。

カテゴリ:赤色赤光|作成日:2017年02月25日
  今日は今年度最後の保育参観、大勢のお父さん、お母さんに見つめられ、子どもたちにとっても最高の晴れ舞台となりました。年長児にとっては卒業前の最後の参観日。保育のあと、担任から感謝の言葉を申し上げたところ、参観のみなさんからたくさんの拍手をいただきました。どれほど大きな励ましになったことでしょう。    もうすぐ卒業式、私たちも胸を張って子どもたちを送り出しますが、ここでひとつ大切にしておきたいことがあります。それは「子どもの成長に私たちは本当に万全であったのだろうか、十分でなかったのではないか」という欠落感です。意外かもしれません。何かを成し遂げるはずであったのに、100%満たされていない、どこか欠いたものがある。後悔とか未練とは違う。寂しさに近い感情です。    そもそも教育に百点満点があるのでしょうか。とくに幼少期の教育において、完璧な子どもの育ちなどがあるのか。完全な教育などあるのか。私にはそういったことを口にすること自体傲慢であり畏れ多いような気がします。  良心的な教師であれば、進級・卒業を控えたこの時期に感じる、ある種の欠落感、「ああもしてやりたかった、こうもできたはず」という不完全感は、むしろ教師のこれからにとって大切なもののように思います。どうにも取り返しのつかない時間の経過と、それでも子どもは次の学年へ、学校へと進んでいく現実の狭間で、教師は自分の至らなさ、不完全さを自覚するのではないでしょうか。とりわけ点数とか偏差値とかで「成果化」されにくい幼小教育だからこそ、「できなかったこと」の本質がよく見えるのかもしれない、と思います。    欠落したものを埋め合わせようと、教師は努力する。もっといい保育をしよう、もっといいかかわりに努めよう。それが、教師にとって絶対必要な課題意識であり、自己改善への道です。それを、次の学年へ、次の子どもたちへとつなぎながら、先生は年々に成熟していくのだと思います。  完璧と奢らずに、欠落感を自覚する。私がいつも教師たちに贈る言葉です。      
執筆:ウェブ管理者

全ての記事一覧


ページの終端です。ページの先頭に戻る