ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

作品紹介~書き初め~

小学生になっても元気いっぱいの蓮塾児童の様子を、主な行事と共に紹介します。

平成29年度 蓮塾入塾式

カテゴリ:蓮塾 元気日記|作成日:2017年04月06日
 去る4月4日、蓮塾入塾保護者会並びに第39回入塾式が行われました。      ついこの間、幼稚園を卒業したばかりの子どもたちも、この日は新1年生として蓮塾の新しい制服に身を包むと、不思議と園児から学童への成長が感じられました。  今年は63名の新たな仲間が加わって、堂々と講堂へ入場してくれました。    新2年生は、この日から入塾生のお兄さんお姉さんとして、新1年生を迎えます。    新2年生の代表児童から、新1年生を迎えるにあたり、歓迎の言葉である「よろこびのことば」が発表されました。    また、新2年生は「青空マーチ」を声高らかに歌い、新1年生を歓迎しました。    最後に2年生と1年生が一緒になり「大きなうた」を歌いました。歌のかけ合いによって、子どもたちの声が講堂に響きわたり、参列者一同晴れやかな気持ちになりました。  さあ、いよいよ29年度の蓮塾が始まります!今年も蓮塾では楽しい活動がたくさんあります。みんなで仲良く楽しく取り組みましょう。  
執筆:ウェブ管理者

蓮塾1月サンデースクール ~大阪くらしの今昔館~

カテゴリ:蓮塾 元気日記|作成日:2017年02月08日
1月31日に今年度最後のサンデースクールが行われました。 午前中は「大阪くらしの今昔館」へ行き、午後からは幼稚園でドッジボール・将棋を楽しみ、音楽リズム発表会総練習に励みました。   「大阪くらしの今昔館」は江戸時代の大阪の町並みが再現されており、まるでタイムスリップしたような感覚になります。            班に分かれて、井戸や五右衛門風呂、リアルに作り込まれた犬やすずめなどを発見しながら見学を楽しんでいました。           明治・大正・昭和の大阪の町が模型として展示されているフロアも見学し、その緻密な作りに子どもたちも目を奪われている様子です。 大阪の昔と今の違いを楽しく知ることができる、そんなひとときでした。            幼稚園へ戻ると、待ちに待った昼食です!たくさん歩き、たくさん見学した子どもたちはお腹もぺこぺこ、お弁当をおいしくいただきました。   昼食後は、ドッジボール・将棋を楽しみました。     ドッジボールで躍動する子どもたちの姿に成長を感じました。     将棋では、どうぶつしょうぎ・ごろごろどうぶつしょうぎ・本将棋に分かれて楽しみました。将棋のルールもそれぞれ定着しており、相手の駒の動きを考えながら楽しんでくれていました。 その後、講堂にて音楽リズム発表会の総練習に取り組みました。練習ではありますが、堂々と歌う子どもたちの姿に頼もしさを感じられる、そんな瞬間だったように思います。   今年度最後となるサンデースクールは、無事に終了することが出来ました。 残す行事も春期集中活動・修了式とわずかとなりましたが、子どもたちと共にかけがえのない時間にしていきたいと思います。  
執筆:ウェブ管理者

3年生合宿

カテゴリ:蓮塾 元気日記|作成日:2017年02月02日
蓮塾3年生と職員による合宿で、パドマ・蓮塾における修学旅行ともいえる宿泊行事です。 今年は淡路島での一泊二日の体験活動を楽しみました。 気心しれた仲間達や先生との楽しい2日間をご紹介します。 明石海峡大橋の見学   吹き戻しの製作体験       夜ご飯にはみんなでお鍋。     シーツも協力してしきます。       バスに乗って、震災記念館見学、震度7体験。     植物園見学   この他にも、早朝からグラウンドでスポーツを楽しんだり、みんなで露天風呂に入ったりしたことも楽しい思い出になりました。     3年生教室募集 29年度の3年生教室募集につきまして、2年生までの蓮塾修了に関わらず、パドマ幼稚園卒園の方であればご入会いただけるようになりましたので、ご検討いただける方がいらっしゃいましたら、お気軽に小学部(06-6772-1736)までお問い合わせください。
執筆:ウェブ管理者

蓮塾2年生生活科~文楽見学~

カテゴリ:蓮塾 元気日記|作成日:2017年01月21日
   1月21日(土)に蓮塾2年生の生活科で国立文楽劇場の見学に行きました。場所はパドマ幼稚園から徒歩でたったの5分!国立の文楽劇場は日本に二つしかないという貴重な場所。今回は特別にそんな文楽劇場の舞台裏を見学させていただきました。その様子を今回はお伝えします。         今回、劇場内を案内していただいたのは、人形遣いの吉田蓑 ( みの ) 二郎 ( じろう ) 先生です。   人形遣いは3人で一体の人形を動かします。その役割は、「主遣い」「左遣い」「足遣い」の3つがあります。子どもたちも3人で実際に動かしてみましたが、約10 Kg もある人形を持って、3人で息を合わせて動かすのは難しいね…。     その後、約1時間後に公演が始まる舞台の裏側を見学させていただきました。舞台下の奈落は、大がかりな舞台転換の機械がありました。昔はその舞台を人力で動かしていたというお話にもビックリ!奈落の横では大道具さんたちが、大きなセットを作っていました。 階段を上っていよいよ舞台上へ。この後の公演の準備がすでにできていました。    その後は、人形の頭と髪を作る部屋を見せていただきました。頭の仕組みや、髪の毛の材質などの説明にも子どもたちは興味津々。    そして、衣装部屋。文楽の人形は 120Cm ~ 150cm とちょうど小学生くらいの身長と言うこともあり。特別に衣装を着させていただくことができました。お姫様見たいで可愛かったです!               幼稚園に戻ってからみんなで「発見カード」に今日の驚きや気付きなど学んだことを記入しました。それぞれ、いろんな気づきがあったようですね。 これが良い機会となり、日本の古典芸能に少しでも興味を持ってくれる子がいると嬉しいです!
執筆:ウェブ管理者

作品紹介~書き初め~

カテゴリ:蓮塾 元気日記|作成日:2017年01月20日
  蓮塾の子どもたちは、冬休みの宿題として「書き初め」に挑戦しました。 新しい年への様々な思いを字に込めてくれたことと思います。 今回は、その作品を紹介します。     [1年生の作品]     [2年生の作品]   [3年生の作品]   今回の作品の中で、今年の干支「とり」を書く子、「正月」や「初日の出」など新年ならではの言葉を書いてくれる子もいました。     この子どもたちが一生懸命書いた作品は、奉納書道展へ出品します。
執筆:ウェブ管理者

全ての記事一覧


ページの終端です。ページの先頭に戻る