先輩の先生のインタビュー

パドマ幼稚園にはたくさんの先生方がいますが、 みんな明るく笑顔が絶えません。
幅広い年齢層の先⽣に、幼稚園やお仕事、プライベートについてお尋ねしてみました。

パドマ幼稚園で働く喜びを、3人の先輩が語ります。

辰己先⽣(経験3年⽬)

teacher Tatsumi

幼稚園の先生を目指したきっかけは?

昔から子どもが好きで、一緒に遊んだり、お世話をしたりしていました。中学生の頃に職場体験で幼稚園へ行き、実際の保育を体験したことで、「私も幼稚園の先生になりたい!」と強く思ったことがきっかけです。

パドマ幼稚園を就職先に選んだ理由は?

大学時代の教育実習先がパドマ幼稚園でした。実習期間でたくさん学ばせていただき、先生方が子どもたちのお手本として、堂々と保育をされている姿をみて憧れたことが理由です。また、子どもと先生がイキイキしていて活気があり、笑顔が溢れている園の雰囲気も魅力的でした。

日々の保育で大切にしていることは何ですか?

子ども一人ひとりと毎日コミュニケーションをとることです。挨拶だけでなく、お家での事や好きなものについてなど、何気ない話をする時間も大切にしています。そういった話からその子の個性を知れますし、信頼関係も深まるからです。会話を通して、「先生を信じられる」「毎日幼稚園が楽しい!」と思ってもらいたいです。

仕事のやりがいやおもしろさを感じたエピソードを教えてください。

子どもができなかったことをできるようになる瞬間に立ち会えることや、子どもの成⻑を身近に実感できることが仕事のやりがいです。また、子どもたちは「幼稚園が毎日楽しい」「先生大好き」と笑顔でたくさん伝えてくれるので、そんな言葉を聞いた時も、この仕事をやっていて良かった!と感じます。

若手の先生への教育や指導についてはどんな印象ですか。

新任研修では、時間の使い方やマナーなど、社会人としての基礎を身につけられます。その他にも様々な研修があることで、仕事に対して新しい発見があったり、目標を明確にできたりします。また、経験が少なく不安の多い時期も、先輩方が親身に話を聞いてくださり的確なアドバイスをいただけたことで、自分の力を伸ばすことができました。

今後の目標を教えてください。

昨年の自分よりもパワーアップすることです。昨年は担任1年目でしたが、先輩方の保育の真似をしながらクラス運営などを学んだ1年でした。今年は学んだことを活かしながら、子どもへの言葉かけや進行面など、保育のスキルを高められるように取り組みたいです。また、私が先輩にしていただいたことを後輩の先生にも伝えて、成⻑をサポートしていきます!

ある1日のスケジュール

8:00 職員朝礼
園児登園、ブロック遊び・⾃由遊び
9:00 運動ローテーション・全体朝礼
10:00 保育活動(ことば・体育・音楽・プリントなど)
12:00 給⾷・外遊び
13:00 保育活動(絵画・制作など)
14:20 運動ローテーション
15:00 保育室清掃・バス送迎
16:00 学年打ち合わせ・保育の振り返り
16:45 終礼

玉井先生(経験5年目)

teacher Tamai

パドマ幼稚園を就職先に選んだ理由は?

「相手を思いやるやさしい心、健やかでたくましい体、子どものやる気を、あそびを通して育んでいく」という教育理念に感銘を受け、就職先に選びました。実際に働き始めてからは、子どもたちや先生方がいつも明るく前向きで、やる気や笑顔に溢れているところも園の魅力だと感じています。

日々の保育で大切にしていることは何ですか?

一人ひとりの子どもに寄り添うことを大切にしています。『共鳴、共感、共体験』という園のモットーもありますが、子どもと一緒に発見をしたり、感動して喜んだりして、「楽しい」「もっとやってみたい」と子どもに思ってもらえるような関わり方を心がけています。

仕事のやりがいやおもしろさを感じたエピソードを教えてください。

やりがいを感じる瞬間は、子どもの「できた!」に立ち会えた時です。日々の保育で一人ひとりの成⻑を感じた時はもちろん、行事の際にみんなで力を合わせてやり遂げた姿を見た時は、もの凄く感動して胸がいっぱいになります!その時の子どもたちの嬉しそうな顔や誇らしげな表情は、忘れられないですね。

自分が成⻑したと思えたエピソードはありますか?

視野が広がり、物事を多角的に捉えることができるようになりました。子どもは、ふいに予想できない行動をすることがあります。そのような時にも慌てず、様々な視点から判断し、臨機応変に対応する力が身についたと感じます。

園の人材育成制度についてはどんな印象ですか。

新任研修だけでなく保育、仏教、安心安全、養護の研修など研修が充実していて、とても学びになります。また、私はピアノが苦手なのですが、保育後に専任講師によるレッスンを受講させていただくことで、苦手だった音楽が好きになり、子どもたちと一緒に楽しめるようになりました!研修以外でも、どの先生方も親身に寄り添って指導してくださるため、自身の成⻑に繋がります。

今後の目標を教えて下さい。

より良い先生になれるように、子どもにかける言葉や遊びのレパートリーを増やして、保育のさらなるスキルアップを目指します。また、今年で5年目になるので、先輩として後輩の力を引き出せるように、後輩育成にも励んでいきたいです。

ある1日のスケジュール

8:00 職員朝礼
園児登園・ブロック遊び・体育館での自由遊び
9:00 運動ローテーション・全体朝礼
10:00 保育活動(ことば・体育・音楽・プリントなど)
12:00 給⾷・外遊び
13:00 保育活動(絵画、制作など)
14:20 運動ローテーション
15:00 保育室清掃
16:00 各種打ち合わせ・保育の振り返り・行事の指導計画作成・後輩指導
16:45 終礼

永原先⽣(経験18年⽬)

teacher Nagahara

パドマ幼稚園の魅力はどんなところ?

子どもたちも先生たちも明るく元気いっぱいで、幼稚園全体がたくさんの笑顔であふれているところ。また、「ことば」が輝いているところ。発することばも、掲示していることばも大切にしているからこそ、ひとを敬い、思いやる心が育まれ、内面が豊かになれます。この環境に身を置いているだけで、自分自身も輝かせてもらえる、そんな幼稚園です。

いまのお仕事内容を教えてください。

私は毎日保育を行っているわけではなく、いまは園の人材育成に専念しています。具体的には、日課活動、音楽指導などの技術向上を目的としたものや、ワークや定期的なカンファレンスで自身の仕事の仕方を省みるものなど、様々な育成プランの企画をしています。また、子どもたちや先生たちと関わる中で、今の課題を発見したり、⻑期的な目標をともに見出し、一緒に悩んだり、解決方法を模索したりすることも重要な仕事です。

育成内容を企画する上で大切にしているポイントは?

経験年数に応じた力がついているか、自分が目指す場所など、先生自身が考える時間をもち、自らこたえを見出せるような導きをすることを大切にしています。また、パドマ幼稚園の先生として身につけて欲しいスキルを明確に伝えることも心がけています。先生たちの心に寄り添い、それぞれの先生が、自身の成⻑を感じられるようにサポートしていきたいです。

仕事と家庭の両立はいかがでしょうか。

私自身は産休育休を2度取得していて、今は朝1時間の時短勤務です。また、私以外にも、園には出産を経て働いているママさん先生が多くいます。両立は正直大変なこともありますが、コロナウイルスの影響で小学校が休校の時は子連れ出勤を許可してもらえたりと、子育てに理解があり働きやすい環境です。私の働く姿を見た息子が、「ママ、お仕事を頑張っていてかっこいいね」と言ってくれたのが何より嬉しかったですね。

今後の目標を教えて下さい。

先生たちの成⻑支援をすることや働きやすい環境づくりを通して、職場全体の士気を高め、今以上に活気のある園として地域社会に貢献することが目標です。また、パドマ幼稚園のファンがひとりでも多く増えるように、インスタグラムや動画配信などの手法を使って私たちの思いを発信していきたいです。

ある1日のスケジュール

9:00 出勤
登園した子どもたちの迎え入れ・朝の仕度の補助
10:00 保育活動(必要に応じて)
12:00 昼⾷
12:30 図書室開放
13:00 幹部との打ち合わせ
育成関連の資料作成・通知文書の確認
保育教材の発注・行事の会場下見など
14:30 降園のバス乗務(必要に応じて)
15:00 先⽣たちと保育の振り返り
16:00 主任会議・外部講師との打ち合わせ・動画撮影など
16:45 終礼

採用情報のページ一覧