蓮塾 元気日記

蓮塾Curio Kids Program~5月 舞洲陶芸館・表現ゲーム活動~

2019年5月24日

2019年度2回目のキュリオでは、

バスに乗って舞洲陶芸館へ行きました。

 

陶芸館では、大阪湾の海底からとれた粘土を用いた

「難波津焼き」の作陶体験を行います!

 

まずは職員の方から作り方をうかがいます。

みんな、真剣な表情でお話を聞いていました。

 

 

ひとつずつ粘土のかたまりをもらったら、いよいよ作陶スタート!

 

はじめは、「つめたいよ~」「べちゃっとして不思議な感じだね」

と言いながら粘土をこねていた人たちも、

次第に真剣な表情になり、黙々と作品をつくっていきます。

 

 

ふちを高くしてコップや花びんにしたり、

平べったくしてお皿にしたり…

 

形や模様など、思い思いに表現していきました。

  

 

言葉ではなく、絵画や工作ともちがう

表現活動を、存分に楽しんでくれていました!

 

そして、お昼ごはんもみんなで仲良くいただきました。

 

陶芸の他にも、身体を使った表現ゲームも行いました。

 

まず初めに、お友だちと交流を深めるために自己紹介をしたり、

手を繋いでリズム遊びをしました。

リズム遊びは、「前」「後」「左」「右」の言葉を繰り返しながら

身体は反対の動きをするという、身体と頭を使うゲームです。

初めは上手くできなかった子どもたちも、2回目からはどんどんできるようになり、

最後には、元気よく笑顔で言葉を繰り返しながら、お友だちと息を合わせて頑張っていました。

 

 

次にみんなでだるまさんが転んだをしました!!

「身体を上手く動かしながら、瞬間的に身体を止める。」

それぞれ思い思いにポーズをとり、楽しく取り組んでいました。

 

最後に、新聞くぐりリレーをしました。

新聞紙の穴に身体を通し、次の子へバトンタッチ!

破れたらスタートからやり直しになるため、子どもたちは破れないように、なおかつ素早く次の子へ

手渡していました。それぞれの子どもたちが、工夫しながら身体を使いこなし、思い思いに活動していました。

 

 

 

 

様々な表現活動に取り組み、子どもたちも全力で活動に参加してくれていました。

たくさんお友だちと楽しんだ一日でした♪

 

 

陶芸作品が焼き上がり、みんなにお披露目されるのは秋の文化祭です。

出来上がりが楽しみですね!

ページトップへ