蓮塾 元気日記

蓮塾 3学期始業

2020年1月10日

2020年、蓮塾の3学期がスタートしました!

充実した冬休みを過ごしてくれていたようで、みんな元気いっぱいに登塾してくれました。

 

体育レッスンでは、1年生はポートボール、2年生はバスケットボールに取り組み、ボールゲームをみんなで楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで培ってきた体力を存分に燃焼してくれている様子でした。

 

始業式では、秋田光軌先生に来ていただき、児童全員で仏参を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法話では、「お年玉」についてお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お年玉はもともとお金ではなく「おもち」を贈る風習であったようです。

おもちは年神様へお供えされたものであり、そのおもちには年神様の魂が宿ると考えられたことから、「お年玉」と呼ばれるようになったそうです。年神様の魂を分けていただいた分、今年一年元気に過ごせるんだよというお話をいただきました。

また、お年玉のお話と共に「布施」という仏教のことばも教えてもらいました。

「布施」とは周りの人に喜びを与え、喜びを分かち合うことです。自分だけではなく、お友だちと分かち合う喜びの大切さについて、光軌先生から教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3学期も、子どもたちと共に仏教の「布施」の精神を大切にしていければと思います。

ページトップへ