蓮塾 元気日記

日課活動

2021年2月18日

2月も下旬にさしかかり、いよいよ蓮塾も

1年の締めくくりの時期を迎えています。

「蓮塾の授業はあと4回だよ」と伝えると、

「えぇっ!」と驚きの声があがりました。

 

本日は幼稚園の時から続けている「日課」についてお届けします。

 

お部屋の電気が消えると、

誰からともなく手を合わせます。

クラス全員の声が揃う、般若心経。

背筋を伸ばして瞑想。

教室内に「静」の時間がおとずれます。

 

挨拶は大きな声で気持ちよく!

ピンとのびた指先がきれいですね。

 

学年によって異なる音読本。

 

1年生は今週「銀河鉄道の夜」に入りました。

日課が終わった後、「宮沢賢治のお話だったね!」

「2学期は風の又三郎があったね。」なんて声が聞こえてきました。

どっどどどどうど…の心地よいリズムから始まる

風の又三郎は、1年生の間で大人気なんです!

 

2年生は、1年を通して読んでいる「走れメロス」がお気に入り!

「今日もメロスがいいな~」とのリクエストが多発だそうです。

 

幼稚園から数えて、4年、5年と継続して取り組んでいる日課。

美しい日本語に触れる日課の時間はみんなの楽しみになっています。

園長先生がよくお話しされる「薫習」を感じる今日この頃です。

ページトップへ