蓮塾 元気日記

蓮塾ウィンタースクール

2019年1月23日

今回のブログでは、12月26・27日に開催された

ウィンタースクールの様子をお届けします。

 

日の出直後、まだ辺りは暗い早朝に集合し、

バスに乗って出発です。

今回の目的地は、兵庫県尼崎市の美方高原です。

標高は約900m、普段過ごしている市街地より

気温が5.4℃も低いとあって…

バスを降りたときのみんなの第一声は「さむ~い!!」でした!

 

園長先生からのお話をいただき、いよいよ活動スタートです。

今年はあまり積雪はありませんでしたが、

残っている雪で雪遊びをすることができました!

その他にも、木の実や枝を採集したり、

大きなとちの木に聴診器を当てて音を聴いたり・・・

自然の中でしかできない様々な活動を行いました。

 

ごはんも、みんなでたのしくいただきます♪

古代米や但馬牛、鹿肉など、

美方高原の食材をたっぷり使った食事です。

 

2日目には、集めた自然の素材を使って

ネイチャークラフトを行いました。

「冬」をテーマに、思い思いの作品をつくりあげました。

 

班対抗での室内雪合戦も大盛り上がりでした!

一丸となって作戦を練り、真剣勝負です。

 

1泊2日、見守ってくださったみほとけ様に

感謝の気持ちを込めて仏参をし、帰路につきました。

帰りのサービスエリアでは、大きな虹を見ることができました!

普段は大阪の街中で過ごし、

それそれちがう小学校に通う子どもたちですが、

冬の自然の中でたくさんの体験を共有しあい、

蓮塾生としての絆が一層深まった2日間でした。

ページトップへ