蓮塾 元気日記

3年生デイキャンプ

2020年6月11日

今年度の3年生デイキャンプでは、のあっく自然学校さんに監修とご指導をいただき、新たな試みにチャレンジしました。

のあっく自然学校は野外活動を通じて、子ども達の主体性と自発性を育んでおられる教育団体です。

今回のプログラムの中でも、随所に「自分で選ぶ」「自分で決める」「自分で考える」場面が数多く見られました。

6月7日には「手ぬぐい染め」「ネイチャービンゴ」に取り組みました。

まずは教室に集まり、のあっく指導員の上原さんより「手ぬぐい染め」の作業工程の説明をうけました。

 

染色しない部分を作るため、輪ゴムやビー玉などを使って、固く括っていきます。

 

輪ゴムを何重にも括ることが難しいようでした。

染めたい色を自分で選んで染色液の中に・・・。

染色している間に、ゆらリーダーより、「ネイチャービンゴ」の説明をうけます。

 

ビンゴの中にある自然物を探しに生玉公園に出発!!

当日は雲一つない晴天で、公園内には爽やかな風が吹いていました。

さっそくビンゴカードに書かれた自然物を探します。

 

 ちなみにこれは「3色以上の葉っぱ」

何気ない遊歩道にも、目を向けるとたくさんの花や実があることに気づかされました。

 

教室に戻り、ビンゴカードの上に先ほど自分で見つけた自然物を並べていきます。

「きれいな花」や「顔に見えるはっぱ」も個人によって捉え方はさまざま。

友だちの見つけたものをお互いにのぞき込む様子が見られました。

その後、先生と一緒にラミネート加工をしました。

 

 

 

 

そして、みんなが「ネイチャービンゴ」に取り組んでいる間に、干していた染め物に色がついたようです。

輪ゴムをほどいてみると・・・。きれいな染め物に歓声があがりました!

 

 

固く括った輪ゴムを取り外すのに時間がかかった子もいましたが、みんな根気よく最後まで取り組みました。

それぞれに自分だけの「オリジナル手ぬぐい」ができあがりました。

その後に本日の体験を振り返り、レポートを書きました。思い思いに気づきや感想を書き留めてくれました。

 

今回は午前3時間のプログラムでしたが、先生や友だちとともに、充実した時間を過ごすことができました。

今年度より 蓮塾 × のあっく自然学校 のコラボ体験活動を計画中です。今後のプログラムもどうぞお楽しみに!!

のあっく自然学校のご紹介   URL https://noac.jp/index.html

ページトップへ